LuxuryMail

2010年02月17日

男の絆は強い・・・

今日の天気予報の動向が気になる三國志本舗です。





今回は有名な「桃園の誓い」で、義兄弟の契りを結んだ劉備・関羽・張飛の三人についてお話させていただきます。
常に仁義を重んじ、人望がある劉備を長兄とし、儒教の考えに基づき劉備に対する忠節は忘れることがなかった関羽を次兄、天真爛漫な性格で粗暴なところもあるがひたすら劉備に尽くした張飛を末弟として安定したのですが219年に関羽が捕虜になり斬首されると劉備は仁義よりも義兄弟が殺された感情が強く孫権の首を取らんと呉に75万の大軍を動員した。
その間部下の逆恨みで殺された張飛の訃報が入り、更に劉備の感情は高まりもはや趙雲も諸葛亮も、誰も止められなかった。
結果呉の陸遜の火計作戦で劉備軍は大敗したが決して無駄な戦ではなかったと私は考える。
何故ならそこまで劉備が関羽・張飛に対する思いがとても強かったのである。


ryuubi_00.jpg


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by footloosebundai at 11:05| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ランクリ
Posted by coffee at 2010年02月18日 04:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

建国記念の日「紀元節」を祝う・「建国記念の日」=「日本の紀元」=「紀元節」=「神武天皇の御即位の日」・『日本書紀』神武天皇の条「八紘一宇」の本当の意味・『日本』がどのように建国されたのか日本の学校では教えないが、アメリカの社会科教科書(中等教育用)に記述
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 「神武天皇」 月岡芳年「大日本名将鑑」より 今年の2月11日は、2670年目...
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2010-02-18 04:12

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。